PR

ニュース 国際

ポンペオ米国務長官、ゴラン高原など訪問へ 米メディア報道

記者会見に臨むポンペオ米国務長官=10日、ワシントンの国務省(ロイター)
記者会見に臨むポンペオ米国務長官=10日、ワシントンの国務省(ロイター)

 【ワシントン=住井亨介】米ニュースメディア「アクシオス」は12日、ポンペオ米国務長官が来週、イスラエルがシリアから奪った占領地ゴラン高原と、占領地ヨルダン川西岸の入植地を訪問する予定だと報じた。米国務長官による両地への訪問は初という。

 ポンペオ氏は13~23日の日程でフランスやトルコ、イスラエルなど欧州や中東の7カ国を歴訪。その途中でゴラン高原などを訪れる見込み。

 アクシオスは今回の訪問について、ポンペオ氏が次回2024年の大統領選への出馬を視野に入れている場合、政治的に重要な意味を持つとの見方を示した。

 トランプ政権はキリスト教福音派からの支持を強固にするため、2019年3月にゴラン高原のイスラエル主権を承認。同年11月にはヨルダン川西岸でのユダヤ人入植活動を国際法違反と見なさないと発表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ