PR

ニュース 国際

注目のペンシルベニア州 にらみ合い続く 残り10万票が焦点 米大統領選 

6日、米大統領選の開票が続く東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの開票所前で、警官に囲まれてバイデン氏の支持者らと対峙するトランプ氏支持者ら(右)(上塚真由撮影)
6日、米大統領選の開票が続く東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの開票所前で、警官に囲まれてバイデン氏の支持者らと対峙するトランプ氏支持者ら(右)(上塚真由撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【フィラデルフィア(米東部ペンシルベニア州)=上塚真由】米大統領選の開票作業が続く激戦州、東部ペンシルベニア州の最大都市フィラデルフィアでは6日も、トランプ大統領、バイデン前副大統領の両支持者らが開票所前に集まり、にらみ合いが続いた。選挙人20人を抱える同州でバイデン氏が勝利すれば、選挙人獲得人数で過半数となる270人を上回るため、同州の行方が注目されている。

 州によると、6日午後5時(日本時間7日午前7時)現在で、バイデン氏がトランプ氏を約1万4千票差でリード。未集計分は大多数が郵便投票で10万2千票あり、これらがどちらの候補に流れるかが焦点となる。

 開票所前には6日午前から、バイデン氏を支持する人たちが集まり、大音量で音楽を流し踊りながら勝利の瞬間を待ち望んだ。2人の子供と一緒に訪れた母親のアレクシス・キャサーさん(42)は「この1週間ずっと不安で落ち着かなかった。今日こそは決着してほしい。結束を訴えるバイデン氏が大統領になれば、子供たちにとってもより明るい未来がやってくるはずだ」と語った。

 一方、郵便投票は「不正の温床」と主張するトランプ陣営は、同州でも複数の訴訟を起こし集計の停止などを求めている。トランプ氏の支持者らは「ストップ・ザ・スチール(盗むのをやめろ)」などと書かれたプラカードを持って開票所前で集計停止を要求。共和党員のシェリル・キャロルさん(59)は4日に開票所の作業を監視する立会人を務めたといい、「集計担当者の周りに近づけなかった。不正が行われているからだ」と憤った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ