PR

ニュース 国際

バイデン支持者、法廷闘争に不安 トランプ支持者は選管に抗議

 4日、米ワシントンのホワイトハウス近くに集まったバイデン前副大統領の支持者ら(UPI=共同)
 4日、米ワシントンのホワイトハウス近くに集まったバイデン前副大統領の支持者ら(UPI=共同)

 米首都ワシントンのホワイトハウス周辺では4日も共和党のトランプ大統領(74)への抗議デモがあり、米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領(77)の勝利の瞬間を待ちわびる支持者は、集計結果をめぐりトランプ陣営が起こした法廷闘争への不安を口にした。トランプ氏の支持者も同氏の主張に呼応するように、集計の不正を疑って行動を始めた。

 (ワシントン 上塚真由、東部デラウェア州ウィルミントン 住井亨介)

「居座るのではないか」

 バイデン氏が中西部の激戦州などを確保し、獲得選挙人数が過半数に近づいたとのニュースが伝わる中、西部カリフォルニア州からワシントンを訪れたアーティストのパブロ・カスティーロさん(37)は「バイデン氏の勝利をこの場で祝いたい。トランプ氏は一部で開票結果を争っているが、ゲームオーバーだと言いたい」と語った。

 だが、バイデン氏が勝利を確実にした場合にトランプ氏は「敗北」を受け入れるのか-。バイデン氏の支持者の間に不安が広がっている。4日に街頭で開票状況を見守った研究員、エイミー・ブラスバーグさん(37)は「敗北した場合にトランプ氏が居座るのではないか不安だ」と話した。

「極右団体」の3人刺傷

 開票が始まった3日夜から4日未明にかけ、ワシントンでは約千人が抗議デモに参加。地元警察によると、参加者の中から4人の逮捕者が出たが、「おおむね平和的に行われた」(ニューシャム警察署長)。

 ただ、警察によると、4日未明、トランプ氏を支持する極右団体「プラウド・ボーイズ」のメンバーを名乗る3人が何者かに刃物で刺される事件が発生。いずれも命に別条はないが、双方の支持者が衝突する恐れは消えていない。ホワイトハウス周辺には4日夜も多数の警察車両が配備され、暴動など不測の事態への警戒が続けられた。

 ニューヨーク市では4日夜、大統領選の開票が最後まで行われることなどを求めて抗議デモをしていた市民の一部が暴徒化。米紙ニューヨーク・タイムズによると、ゴミ箱に火をつけたり、地下鉄入り口を封鎖したりして、60人近くが警察に逮捕された。

 トランプ氏の支持者も各地の開票状況に神経をとがらせる。ロイター通信によると4日夜、バイデン氏の優勢が伝えられる西部アリゾナ州フェニックスの開票所にトランプ氏の支持者が多数集結し、「俺たちの票をちゃんと数えろ」と連呼し、騒然となった。

 トランプ氏への票が意図的に集計されていないという噂が流れたためだという。支持者の一部は拳銃やライフルを手にしていた。

 中西部ミシガン州デトロイトの開票所にも4日、トランプ氏の支持者が押し寄せ、「開票をやめろ!」と繰り返した。

親しみ込め「ジョー」

 バイデン氏の地元デラウェア州ウィルミントンでは、同氏の勝利を確信する黒人アーティストのブルース・スミスさん(55)が「ジョーなら苦しみ続けている黒人社会を救ってくれる」と述べた。

 ウィルミントンの駅は、バイデン氏が上院議員時代に電車で約1時間半かかるワシントンの連邦議会への通勤に使った。議員就任直前に妻と1女を交通事故で亡くし、残された息子2人を地元で育てるためだった。駅名にはバイデン氏の名前が付けられた。

 人々はこうしたバイデン氏の人柄に引き寄せられているようだ。スタートアップ企業向けのプログラミングを手掛けるエミリー・メルツァーさん(23)は「彼には共感力があり、(選挙で分断された)米国を一つに戻してくれる」と期待する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ