PR

ニュース 国際

銃声に逃げ惑い…コロナ規制直前で人出多く ウイーン襲撃事件

2日、銃撃があったウィーンのシナゴーグ付近で警戒する警官(AP)
2日、銃撃があったウィーンのシナゴーグ付近で警戒する警官(AP)

 突然の銃声に多くの市民が逃げ惑った。オーストリア・ウィーンで2日夜に起きた襲撃事件。新型コロナウイルス感染拡大対策で飲食店の営業を規制する措置が始まる直前の時間帯だったため、街には多くの人出があった。

 現場はウィーン中心部で、周辺には観光名所や飲食店もある。地元住民だけでなく、コロナ禍がなければ日本人を含む多くの観光客らも訪れるエリア。シナゴーグ(ユダヤ教会堂)にも近い。

 事件後、現場周辺には多くの治安当局者が配備され、緊急車両のサイレンの音も聞こえた。現場近くを歩いていた男性は「(当局者が)至る所にいた。銃を向けられて追い払われたり、かばんの中身を調べられたりした」と話した。

 一部の公共交通機関は利用が一時制限された。当局は地元メディアを通じて、市民に対して自宅にとどまり公共の場に出ないようになどと呼び掛けた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ