PR

ニュース 国際

ウィーンで一斉襲撃テロ 2人死亡、負傷者多数

2日、ウィーンの銃撃現場付近の道路を封鎖する警官(ロイター)
2日、ウィーンの銃撃現場付近の道路を封鎖する警官(ロイター)

 オーストリア当局によると、首都ウィーン中心部のシナゴーグ(ユダヤ教会堂)周辺で2日午後8時(日本時間3日午前4時)ごろ、発砲があった。同時間帯に付近の5カ所でも襲撃が発生し、一連の襲撃で2人が死亡、複数が負傷した。容疑者の1人も警察当局に射殺された。当局は組織的な犯行とみて捜査。クルツ首相は地元メディアに「テロ攻撃だ」と述べた。

 地元メディアなどによると、約15人が病院で治療を受けている。警官1人も重傷を負ったもよう。救急当局は、負傷者の多くが銃で撃たれており、けがの程度は深刻だが容体は安定していると説明した。

 少なくとも1人が逃走中とみられ、警察当局が行方を追っている。ネハンマー内相は、逃亡犯は武装しているとみられると指摘。3日は可能な限り出社せず自宅にいるよう呼び掛けた。

 オーストリアでは、新型コロナウイルス感染拡大への対策で、3日午前0時から飲食店の店内営業停止が始まる予定だったため、2日夜は多くの住民が外出していた。

 在オーストリア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はないという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ