PR

ニュース 国際

【米大統領選】投開票後、結果に抗議する騒乱の恐れ 警戒強める首都ワシントン

 また、ロイター通信と調査会社イプソスが25日発表した合同世論調査では、対立候補が勝利した場合、バイデン支持者の22%が街頭デモや暴力行為に参加すると答え、トランプ支持者の16%に6ポイント差をつけた。

 トランプ氏は、郵便投票などで不正が発覚した場合、選挙結果を直ちに受け入れることはできないと繰り返し唱えている。

 一方、バイデン氏を支持する前回大統領選の民主党候補、クリントン元国務長官も同氏に対し、メディアがトランプ氏の当確を報じても「すぐに受け入れるべきではない」と助言する。

 このため、選挙が接戦で結果判明が長引いたり、具体的な不正の証拠が出てきたりした場合は、各地で騒乱が拡大する可能性も排除できない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ