PR

ニュース 国際

警官が黒人男性を射殺、大統領選激戦州ペンシルベニア 反発の住民らが破壊行為

抗議のために集まった市民ら=27日、フィラデルフィア(AP)
抗議のために集まった市民ら=27日、フィラデルフィア(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選の激戦州である東部ペンシルベニア州の主要都市フィラデルフィアで26日、住宅街の路上でナイフを振りかざしていた27歳の黒人男性が警官に射殺され、これに反発した住民らが抗議デモと称して市内の一部で警察車両に放火したり商店を略奪したりする破壊行為を展開した。

 米メディアによると、射殺されたのはウォルター・ウォレス氏。インターネット上で拡散された動画では、同氏は警官2人にナイフを捨てるよう警告されたのに従わず、逆に警官らに近づこうとしたため発砲され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 また、射殺を受けた住民らによる破壊行為では約90人が拘束され、投石などで少なくとも30人の警察官が負傷した。警官1人が重体となっているという。

 27日夜には商店の略奪が市内の広範囲に拡大。米メディアによると約千人規模の暴徒らが複数の大手量販店に侵入し、大量の商品を奪い去った。

 米国では警官による黒人射殺事件とそれを受けたデモや暴動が相次いでおり、今回の事件を機に黒人と警察との関係や「法と秩序の維持」をめぐる問題が大統領選の争点として改めて注目される可能性もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ