PR

ニュース 国際

中国で5中総会始まる 新5カ年計画で脱炭素政策も検討へ

習近平国家主席(右端)ら中国共産党指導部(共同)
習近平国家主席(右端)ら中国共産党指導部(共同)

 【北京=三塚聖平】中国国営新華社通信によると、中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第5回総会(5中総会)が26日、北京で開幕した。2021~25年の中期経済目標「第14次5カ年計画」と、35年までの長期目標が主要議題で、習近平党総書記(国家主席)が2022年秋以降の続投を視野に体制固めを進めるか注目される。

 習氏は9月下旬、60年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標を表明しており、5中総会で目標達成に向けた具体的な方策が話し合われる見通しだ。温暖化対策に消極的な姿勢を見せているトランプ米政権を尻目に、中国国内の環境産業の成長にもつながる政策を打ち出すものとみられる。

 年1回程度開かれる中央委員会総会は、党の方針や人事を検討する重要会議で、今回は米中関係が「国交樹立以来最も複雑な局面」(王毅国務委員兼外相)という緊張した状況下で開かれる。米国との対立の長期化が見込まれる中で、中国経済の自立に向けた道筋を示すとみられるが、北京の経済関係者は「内容によっては米側をさらに刺激し、米中対立の新たな芽となりかねない」と指摘する。

 習政権が提唱する新たな経済発展モデル「双循環(2つの循環)」も検討課題に入るもようだ。当面は外需や対外貿易で補完しつつ、中長期的には内需シフトを進めて経済的な自立を図っていく戦略だとみなされている。

 共産党機関紙、人民日報は26日付で、新5カ年計画と長期目標について「今後5年と15年の中国発展の青写真を計画する」と強調した。5中総会は29日までの予定で、討議結果は終了後に国営メディアを通じて公表される。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ