PR

ニュース 国際

米の対台湾武器売却に反発 中国、対抗措置示唆

中国外務省の報道官、趙立堅氏(共同)
中国外務省の報道官、趙立堅氏(共同)

 中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は22日の記者会見で、米政府が台湾への武器売却方針を示したことに対して「中国の主権と安全保障上の利益を深刻に損なう」と反発し「断固とした反対」を表明した。米台が軍事的な結び付きを深めれば「必要な対応を取る」と述べ、対抗措置を示唆した。

 米国による台湾への武器売却は「台湾の独立、分裂勢力に誤ったシグナルを送る」と強調。米中関係や台湾海峡の平和と安定が損なわれるとして、計画を撤回し、台湾との軍事面での連携を停止するよう米側に促した。

 米政府は21日、台湾に空対地ミサイルなどを売却する方針を明らかにした。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ