PR

ニュース 国際

ロックダウンもマスクもなし スウェーデンのコロナ対策 国民疲弊回避

ストックホルム市内で走る電車の車両。大半の市民がマスクを着用していなかった=20日(板東和正撮影)
ストックホルム市内で走る電車の車両。大半の市民がマスクを着用していなかった=20日(板東和正撮影)

 新型コロナウイルス感染の「第2波」が見舞われる欧州で各国が外出や経済活動の制限に乗り出す中、北欧スウェーデンが厳しい行動規制を設けない独自の路線を貫いている。マスクの着用も推奨していない。緩やかな措置を続ける背景には、ウイルスとの長期戦のため、国民を疲弊させないとの戦略があるという。(ストックホルム 板東和正)

 「私らの国では、多くの国民がマスクを1度も着用したことがないと思う」

 スウェーデンの首都、ストックホルム市内の地下鉄の構内でマスクをつけずにいた市民の男性(42)がそう語った。

 言葉通り、駅構内や電車の車両内だけでなく、市中心部の店舗内で、マスクを着用する市民の姿はほとんどみられない。マスクをしなければ罰金を科されることもある他の欧州諸国と別世界のような光景だ。

 スウェーデンは新型コロナ感染の「第1波」が欧州で広がった今春、ロックダウン(都市封鎖)を採用しない対策で注目された。マスク着用については、欧州の市民が慣れていないことも政府側が考慮した上で、「(着用時に)必要以上に顔に触れば、感染リスクになる」などと判断し、義務化や推奨を見送った。

 英調査会社ユーガブによると、英仏やイタリアのマスク着用率は76~88%に上るのに対し、スウェーデンはわずか9%だ。

 ストックホルム市の会社員、ズロ・ザッターストームさん(33)は「政府は国民に無理をさせないことを最優先にしている」とし、マスク着用には「強制して国民にストレスを与えないようにしている」と推察した。

 ストックホルム中心部のカフェを訪れると、「ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守ろう」との張り紙が店内で目についた。一部の席を使用禁止するなどの対応はとられていないが、客は空席を間において座り、勉強や仕事をしていた。

 欧州では再び飲食店の営業規制などに乗り出す国もあるが、スウェーデンは新型コロナ流行下でもレストランの営業を認め続けている。一時要請された学校の閉鎖も高校・大学に限定。主な対策は50人以上の集会の禁止や社会的距離の確保、自宅勤務の勧告などにとどめている。

 カフェにいた大学職員の女性(38)は「スウェーデンの夫婦の大半は共働き。小学校が休校されたら娘は自宅で孤独な時間が増える」と打ち明け、政府の対応に賛意を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ