PR

ニュース 国際

正恩氏が中国軍戦死者に献花、朝鮮戦争参戦70年

北朝鮮・平安南道にある墓地「中国人民志願軍烈士陵園」を訪れて献花する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
北朝鮮・平安南道にある墓地「中国人民志願軍烈士陵園」を訪れて献花する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、朝鮮戦争(1950~53年)で戦死した中国軍将兵が眠る平安南道(ピョンアンナムド)の「中国人民志願軍烈士陵園」を訪れて献花、黙祷(もくとう)をささげたと報じた。中国軍の参戦から25日で70年となる。

 金氏は、朝鮮戦争で戦死した毛沢東の長男、毛岸英の墓にも献花。「朝中両国の軍隊と人民が生死苦楽を共にし収めた勝利は、世紀が変わった今日でも巨大な意義を持つ」と強調した。経済制裁や新型コロナウイルス対応、水害で経済難に陥る中、中国からの支援が滞らぬよう連帯を再確認する狙いとみられる。

 中朝軍が対戦した米国を直接非難する言葉は伝えられなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ