PR

ニュース 国際

中国、年末までにコロナワクチンの年間生産能力6.1億本に

 【北京=三塚聖平】中国当局は21日までに、中国企業が開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、今年末までに年間生産能力が6億1千万本に達するとの見込みを明らかにした。中国は国内使用や途上国への提供に向け、ワクチンの早期実用化のため官民一体となって開発や製造準備を進めている。

 中国政府が20日に開いた記者会見で、来年には生産能力がさらに拡大するとの見通しを示し、「中国と世界の国々による中国のワクチンへの求めに着実に応える」と強調した。

 また、中国の4種類のワクチン候補製品が臨床試験(治験)で最終の第3段階に入っており、これまでに約6万人の被験者に接種を行ったと説明した。微熱などの一過性で軽度の副作用はあったが、「重大な副作用が出たという報告は受けていない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ