PR

ニュース 国際

「安全保障のただ乗り認めない」米国防長官、日本などに防衛費増を重ねて要請

エスパー米国防長官(AP=共同)
エスパー米国防長官(AP=共同)

 【ワシントン共同】エスパー米国防長官は20日、中国やロシアの脅威に対抗する上で「共通の安全保障へのただ乗りは認めない」と語り、日本を含む全ての同盟・友好国に防衛費を国内総生産(GDP)比2%以上に引き上げるよう重ねて要請した。シンクタンクの大西洋評議会で講演した。

 エスパー氏は9月、全同盟国に引き上げを求める立場を表明しており、改めて各国の背中を押す狙いとみられる。具体的な国名には言及しなかった。日本の2019年度の防衛費はGDP比0・9%。

 トランプ政権はドイツなど北大西洋条約機構(NATO)加盟国に防衛費の2%超への引き上げを求めてきた。エスパー氏は「NATO以外でも同じだ」と強調。「中国の悪い振る舞いや、ロシアの攻勢に向き合う米国にしっかり協力してほしい」と述べた。

 また、新型コロナウイルスへの対応で内向きになっている各国の状況に中ロが付け入ろうとしていると語り、民主主義陣営の共通の価値観を守るには、各国がそれぞれ即応態勢の強化を進める必要があると訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ