PR

ニュース 国際

中国、台湾対岸に「極超音速」新兵器配備か

 【北京=西見由章】香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は19日までに、中国人民解放軍の新たな戦略兵器「東風(DF)17」が中国沿岸部に配備されたとの北京の軍事筋の話を報じた。台湾の対岸にある福建省や広東省の基地に配備されたとみられ、台湾への武力侵攻に備えた動きとの見方も伝えた。

 DF17は射程約2500キロ。通常の弾道ミサイルとは異なり、マッハ5以上の極超音速で複雑な動きをしながら滑空することが可能で、米国のミサイル防衛(MD)システムでは撃墜が難しいとされる。

 中国は昨年10月の軍事パレードで16基のDF17を公開し、すでに実戦配備していることをアピールしていたが配備エリアは不明だった。DF17の標的は台湾のほか、米海軍の空母打撃群なども含まれるとみられる。将来的には核弾頭を搭載する可能性もある。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ