PR

ニュース 国際

台湾「強烈な抗議」 中国大使館員が台湾スタッフ暴行 中国側は事実否定

 台湾の外交部(外務省に相当)によると、南太平洋の島国フィジーで8日、台湾の出先機関が主催した双十節(建国記念日)の祝賀イベントで、中国大使館員2人が強引に会場に入ろうとし、阻止しようとした台湾側のスタッフに暴行を加えた。1人が頭部を負傷した。中国大使館員はイベントの出席者を撮影することが目的だった。

 台湾の外交部は19日までにフィジーの警察当局に捜査を要請するとともに、中国側に対し「強烈な抗議」を表明した。中国当局は米中対立の激化や米台の接近などに伴い、台湾に強硬姿勢を一層示すようになっており、台湾当局は出先機関に警戒強化を呼び掛けている。

 一方、在フィジー中国大使館は19日、台湾側の説明について「完全に事実と食い違っている」とする声明を発表した。台湾側職員の挑発的な振る舞いにより、会場外で公務にあたっていた中国大使館員の1人が負傷したと主張。建国記念イベントの開催自体が「『一つの中国』原則に反する」とも非難した。(台北 矢板明夫)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ