PR

ニュース 国際

中国、7~9月GDPは4・9%増 生産や投資主導で回復進む

中国・深●(=土へんに川)の国際空港に掲げられた華為技術(ファーウェイ)のロゴ=2019年7月(ロイター=共同)
中国・深●(=土へんに川)の国際空港に掲げられた華為技術(ファーウェイ)のロゴ=2019年7月(ロイター=共同)

 【北京=三塚聖平】中国国家統計局が19日発表した2020年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比4・9%増だった。4~6月期の3・2%増から回復が進んだ。国内での新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛かったとして、経済活動の正常化を進めたことが牽引(けんいん)した。

 新型コロナ発生前の19年10~12月期(6・0%増)の水準にはまだ戻っていない。中国政府の主導で進む工業生産や投資の拡大のほか、欧米各国でも経済活動再開の動きが出ていることを受けて輸出の改善が進んだことが寄与した。

 ただ、新型コロナの初動対応や香港問題、ハイテク分野をめぐりトランプ米政権との対立が深刻化しており、中国経済の先行きに影を落としている。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)など中国企業の排除を米国が呼び掛けているほか、中国経済を支えてきた貿易や海外からの投資への影響が懸念される。

 中国の経済成長率は、新型コロナの直撃を受けた1~3月期に6・8%減と四半期ベースの記録がある1992年以降で初のマイナスに陥ったが、4~6月期にはプラス成長に戻っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ