PR

ニュース 国際

【世界の論点】WTO事務局長選 英紙「本命候補、中国影響に懸念」、韓国紙「文政権総力戦『勝算十分』」

WTO次期事務局長選で、最終候補に残った韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長(左)とナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相 (AP)
WTO次期事務局長選で、最終候補に残った韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長(左)とナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相 (AP)

 米中対立の激化に伴い組織が機能不全に陥った世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選は、最終候補にナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相と韓国産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が残った。重責を担う新指導者について、欧州連合(EU)を離脱し自由貿易体制を重視する英国ではオコンジョイウェアラ氏を本命視するが、中国の介入を懸念。韓国は政府が“総力戦”を展開、兪氏の逆転勝利を狙う。

≪ポイント≫

・英紙「日本が『拒否権』行使可能性」

・本命候補のアフリカは中国が投資拡大

・韓国人候補は政府が総力支援で後押し

・米新大統領の意向が影響する可能性も

英国 本命候補、中国影響に懸念

 最終段階に入ったWTOの事務局長選で、英メディアはナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相を本命視する。オコンジョイウェアラ氏はナイジェリアで経済改革を主導し、世界銀行でも専務理事を務めた。先進国で手腕が評価される一方、同氏が事務局長に選出されれば、アフリカへの投資を拡大する中国の影響を受けることが懸念されている。

 8日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は、事務局長選の選出作業を観測する大半のオブザーバーの分析から、オコンジョイウェアラ氏がアフリカ勢として初の事務局長になると予測した。

 同紙は、WTO大使への取材から、日本などが韓国との政治的緊張のために、韓国産業通商資源省の兪明希・通商交渉本部長の選出に対して「事実上の拒否権」を行使する可能性が高いと指摘した。昨年7月に日本による輸出管理厳格化措置が発動されて以来、日本を批判してきた兪氏の選出をめぐり、日本政府内で警戒感が広がっている。事務局長選は原則、投票という形はとらず、加盟国の全会一致が慣例であることから、日本が拒否すれば、兪氏の選出は難しくなりそうだ。

 オコンジョイウェアラ氏は世界銀行での勤務経験が長いものの、通商分野の経験が不足していると指摘される。それでも、多くのWTO加盟国が同氏を事務局長に推すのは、WTOを新型コロナウイルス対策に貢献する組織にする考えを示しているためだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ