PR

ニュース 国際

米駆逐艦が台湾海峡を通過

米海軍のミサイル駆逐艦バリー(右)=4月18日、南シナ海(ロイター)
米海軍のミサイル駆逐艦バリー(右)=4月18日、南シナ海(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋艦隊は14日、米海軍のミサイル駆逐艦「バリー」が同日、台湾海峡を通過したと発表した。「国際法に則した定期的な通航」としている。

 太平洋艦隊報道官は「台湾海峡の通過は、自由で開かれたインド太平洋への米国の取り組みを示すものだ」とした上で、「米海軍は国際法で許されたあらゆる場所で飛行し、航行し、作戦行動を実施する」と強調した。

 中国国営メディアによると習近平国家主席は13日、人民解放軍の海軍陸戦隊を視察し、「海洋権益の護持」や「実戦能力の向上」の重要性を強調した。

 中国の海軍陸戦隊は米国の海兵隊に相当する精鋭で、中国が台湾侵攻に踏み切った場合は、上陸作戦での主要戦力として投入されるとみられている。

 米艦による台湾海峡通過は、中国が台湾に軍事的圧力を強めるのを牽制(けんせい)する狙いがあるのは確実だ。

 一方、ロイター通信は13日、トランプ政権が無人武装偵察機や対艦巡航ミサイル、「高機動ロケット砲システム」(HIMARS)と呼ばれる自走多連装ロケット砲などの武器を台湾に売却する方針を、同日までに議会に非公式に通知したと伝えた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ