PR

ニュース 国際

蓮池薫さん「北は日本の意志を見ている」 15日で帰国18年

15日で日本への帰国を果たしてから18年となるのを前に、リモート取材に応じる蓮池薫さん
15日で日本への帰国を果たしてから18年となるのを前に、リモート取材に応じる蓮池薫さん

 北朝鮮による日本人拉致被害者の蓮池薫(はすいけ・かおる)さん(63)が、平成14年10月15日に帰国を果たして18年となるのを前に産経新聞のリモート取材に応じ、「日本政府、国民の拉致解決への意志を北朝鮮は見ている。今が最も大事な時期だ」と訴えた。蓮池さんら被害者5人の帰国後、日朝交渉は膠着(こうちゃく)。未帰国被害者の家族が高齢化し、相次いで亡くなる中、政府に具体的で柔軟な帰国への戦略を求め、解決に向けた世論の高まりにも期待を示した。

自分にできることを

 蓮池さんは中央大法学部に在籍していた昭和53年7月、帰省した新潟県柏崎市の海岸で、後に結婚する妻、祐木子さん(64)とともに拉致された。当時、20歳と22歳。そこから24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされた。当時の記憶は今も鮮明で、北朝鮮に残る被害者のことは片時も頭から離れないという。

 同市の新潟産業大で准教授として教鞭(きょうべん)をとるかたわら、各地で拉致解決を呼びかける講演にも力を入れてきた。「被害者は一日千秋の思いで帰国を待っている」。だが今年、新型コロナウイルスの感染拡大で活動は大きく制限された。

 講演や報道の取材を通して積極的に発信を始めたのも、家族が老い、思うように救出運動ができなくなった現状を見て、「家族が元気なうちに被害者と再会させたい」との一念からだった。

 だが、北朝鮮の同じ集落で生活した横田めぐみさん(56)=拉致当時(13)=の父、滋さんは今年6月、87歳で死去。一刻の猶予もない現実をさらに痛感させられたという。

北窮状「サイン注視を」

 厳しい状況だが、拉致解決に向けて「好機が来ている」とみている。

 国連安保理による経済制裁に加え、新型コロナによる中朝国境の封鎖、相次ぐ台風による大規模水害などで北朝鮮は“三重苦”状態にあるとされる。今年8月には、2016年の朝鮮労働党大会で示した「5カ年計画」の目標未達成を認めた。5カ年計画の未達成は史上初の異例の事態だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ