PR

ニュース 国際

バレット最高裁判事の指名承認公聴会始まる

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領から連邦最高裁判事に指名された保守派のエイミー・バレット連邦控訴裁(高裁)判事の人事を承認するかどうかを審議する上院司法委員会の公聴会が12日に始まった。上院は与党の共和党が多数派で、バレット氏の人事は委員会での審議を経て今月中に上院本会議で過半数の賛成を得て承認される公算が大きい。

 バレット氏は12日、事前に提出された冒頭陳述書で、「判事は、法律を記載されている通りに適用すべきであり、判事の恣意(しい)で適用すべきでない」との立場を強調した。

 バレット氏はまた「人々は裁判所に対し、政策決定や政治的判断を求めてはならない」と指摘し、自身の政治的・宗教的立場に依拠して司法判断を下すことはないとの考えを示した。

 司法委の公聴会は15日までの日程で、13、14の両日に議員からの質問が予定されている。

 大統領選の民主党副大統領候補、ハリス上院議員も同委のメンバーで、オバマ前政権で成立した医療保険制度改革法(オバマケア)などについての考えを問いただすとみられる。

 グラム司法委員長や議会共和党指導部によると、司法委はバレット氏の人事を推薦する通知を22日に上院本会議に送る見通し。本会議での採決は、早ければ26日にも行われる。バレット氏の人事が承認されれば、最高裁判事(定数9人)の構成は保守派が6人、リベラル派が3人となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ