PR

ニュース 国際

北の夜間軍事パレード 最大級ICBM登場、金氏「抑止力を強化」

ユーチューブで公開された朝鮮中央テレビの画像。平壌で行われた軍事パレードで披露された新型とみられる大陸間弾道ミサイル(ICBM)
ユーチューブで公開された朝鮮中央テレビの画像。平壌で行われた軍事パレードで披露された新型とみられる大陸間弾道ミサイル(ICBM)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は朝鮮労働党創建75年を迎えた10日、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長出席の下、平壌の金日成(イルソン)広場で大規模な軍事パレードを実施した。朝鮮中央テレビが同日夜に録画放映した。パレードは未明に行われ、過去最大級の大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる新型兵器も登場した。軍事パレードは2018年9月の建国70年式典以来約2年ぶりで、夜間開催は極めて異例。

 金氏は演説で、敵対勢力の脅威を抑え込むため、「戦争抑止力を引き続き強化していく」と表明した。ただ、「誰に向けられたものでもない」と自衛目的を強調し、対米関係にも具体的に言及しなかった。

 米本土を攻撃できる兵器を誇示しつつも、米大統領選を11月に控え、親交をアピールしてきたトランプ大統領の再選にマイナスになるような過度に米国を刺激する表現を避けた形だ。

 韓国に対しても、新型コロナを克服し、「北と南が手をつなぐ日が訪れるのを願う」と述べ、関係悪化を望まない姿勢を示した。

 パレードは10日午前0~2時ごろに行われたとみられる。新型ICBMとみられるミサイルは片側11輪の移動式発射台に載せられ、17年11月に試射したICBM「火星15」に続き登場。全長、直径とも火星15を超える。射程は米全土に届く推定1万3千キロの火星15より伸び、搭載可能な弾頭の重量増加で破壊力を増した可能性もある。ただ、性能は未知数だ。

 既に試射が行われた既存の弾道ミサイル6種類に加え、「北極星4」と記された潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の新型とみられる兵器も姿を見せた。

 未明に実施したのは、照明の多用による演出効果を狙うとともに、動員した兵力規模などの全容を米韓に事前捕捉されるのを避けた可能性がある。平壌駐在の各国外交官には会場に近づかないよう通知があった。

 金氏は昨年末、「世界は新たな戦略兵器を目撃するだろう」と予告。1基で複数の標的を攻撃できる多弾頭型や機動性の高い固体燃料を使ったICBMが登場するかが注目されてきた。

 18年2月に行われたパレードではICBMなど5種類の弾道ミサイルが登場したが、6月の米朝首脳会談を経た9月のパレードでは弾道ミサイルはなかった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ