PR

ニュース 国際

台湾・蔡総統、中国に対等な対話呼びかけ 「双十節」式典で演説

建国記念日に当たる「双十節」の式典で演説する台湾の蔡英文総統=10日、台北市の総統府前(AP)
建国記念日に当たる「双十節」の式典で演説する台湾の蔡英文総統=10日、台北市の総統府前(AP)

 【台北=矢板明夫】台湾の蔡英文総統は10日、台北市の総統府前で行われた建国記念日に当たる「双十節」の式典で演説し「北京当局が両岸(中台)関係を改善させる考えがあるなら、意義のある対話をしたい」と中国の習近平指導部に対等な立場での対話を呼び掛けた。

 蔡氏は演説で、中国の海空軍が台湾海峡周辺で頻繁に活動し軍事的緊張が高まっていることを念頭に、「われわれは戦いを求めないが恐れもしないという原則を貫く」と強調。「主権と民主主義の価値を堅持していく」と述べ、中国の軍事的圧力に屈しない姿勢を改めて示した。

 蔡氏は同時に、中国の習政権に対し「台湾海峡の安定維持は(中台)双方の共同の責任だ」とし、中国側が台湾への姿勢を変えて「平和的な対話を実現させれば、地域の緊張を緩和することができる」と指摘した。

 蔡氏はまた、今春以降、台湾が新型コロナウイルス対策に成功し世界から注目されたことに触れ、「この成果は、全ての台湾人の団結と協力のたまものだ」と述べた。森喜朗元首相や米国のアザー厚生長官、クラック国務次官の訪台にも言及した上で、「将来の国際社会と地域の新秩序作りに積極的に参加し、『価値の同盟』の原則を掲げ、理念の近い国々との関係を発展させていく」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ