PR

ニュース 国際

TikTok配信禁止巡り米政府が上訴 差し止め判断を不服

TikTok(ティックトック)のアイコン
TikTok(ティックトック)のアイコン

 【ワシントン=塩原永久】米政府は8日、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の配信禁止措置を差し止めた連邦地裁の判断を不服として、連邦控訴裁(高裁)に上訴した。ティックトックの提携交渉は新法人の支配権をめぐって宙に浮いており、法廷闘争の行方とからんで長期化する公算が大きくなった。

 米政府は9月27日深夜から国内でアプリの新規ダウンロードや更新を禁止する予定だったが、執行直前に首都ワシントンの連邦地裁が措置を一時差し止めた。アプリの配信は現在も継続されている。

 米政府は上訴で、ティックトックから個人データが流出すれば安全保障を脅かす恐れがあるとの立場を維持し、配信禁止の執行を求めたものとみられる。

 一方、米政府は11月12日までに提携交渉が妥結しなければ、配信や更新を含むすべてのサービスを全面的に停止する命令も出していた。これについて、連邦地裁は大統領選の翌日の11月4日に審理を開くことを決め、全面禁止の是非を判断する見通しだ。

 ティックトック米事業に関しては、運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)が米オラクルとの提携で暫定合意した。ただし米国に作る新法人の主導権をめぐる混乱から決着していない。

 米政府は中国系の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の利用禁止を差し止めた裁判所の判断についても上訴している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ