PR

ニュース 国際

NY市、一部地域で再封鎖へ コロナ感染拡大

米ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)
米ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨーク市のデブラシオ市長は4日、新型コロナウイルスの感染が拡大する一部地域で、学校閉鎖や一般企業の営業停止など事実上の都市封鎖(ロックダウン)措置を取る考えを明らかにした。クオモ州知事の承認を得て7日から実施する。

 対象となるのは市南部ブルックリン区と東部クイーンズ区の9地区。新型コロナ検査の陽性率が過去1週間平均で基準の3%を超えたためで、デブラシオ氏は「容易な提案ではないが、市の決定は科学に基づいて行われる」と説明した。状況が改善すれば、2週間後に解除する。

 全米最大の感染地となったニューヨーク市は6月以降、厳しい行動制限を順次解除してきたが、最近になって一部地域でクラスター(感染者集団)が発生し、再度の封鎖に追い込まれた。

 米メディアによると、対象となる住民は約50万人で、約100校の公立学校、約200校の私立学校が閉鎖となるほか、医療や食料関連など必要不可欠な事業所以外は営業を停止する。同市では先週、約半年ぶりに学校での対面授業が再開されたばかりだった。

 市内には、地区が146あり、影響を受ける地域は限定的となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ