PR

ニュース 国際

【トランプ氏感染】医師団「経過は良好。5日にも退院も」 一時外出

入院先の米ワシントン近郊にあるウォルター・リード軍医療センターの前で、集まった支持者に専用車から手を振るトランプ大統領=4日(ロイター)
入院先の米ワシントン近郊にあるウォルター・リード軍医療センターの前で、集まった支持者に専用車から手を振るトランプ大統領=4日(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染し入院した問題で、コンリー主治医ら医師団は4日、「経過は良好だ」と述べ、「このままの状態であれば、早ければ5日にもホワイトハウスに戻ることができる」との見通しを明らかにした。トランプ氏が入院するワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターで記者会見した。

 医師団はトランプ氏の体調について、呼吸や血液中の酸素濃度に異常はなく、心臓や腎臓、肝臓の機能も正常であるとした。トランプ氏は立って歩き回っているとして、「体調は改善を続けている」と強調した。

 医師団は一方で、トランプ氏が入院する前の2日朝に高熱を発し、血液中の酸素濃度が低下したため2リットルの酸素吸入を受けたことを明らかにした。それ以降、発熱はないとしている。

 また、酸素濃度は3日にも低下したため、肺炎の症状があった場合に使用されるステロイド系抗炎症薬の「デキサメタゾン」を投与したとしている。前日に続き、治療薬の「レムデシビル」も投与された。

 実際に肺炎を起こしているかについては「予測していた所見はあるが、重大な臨床上の懸念はない」と述べるにとどめた。

 トランプ氏は4日、「医師団から(経過に関し)素晴らしい報告を受けている。コロナについて多くのことを実地で学んだ」などとしたビデオメッセージをツイッターに投稿した。

 トランプ氏はその後、専用車に乗って医療センターを出て、センターの前に集まった支持者らに車内からマスク姿で手を振り、感謝の意を表した。

 トランプ氏の外出に対しては、一部の米メディアなどから「大統領の警護官らを感染の危険にさらした」として批判が上がった。ホワイトハウス報道官は「適切な感染予防措置が取られ、医師団も安全と判断した」としている。

 一方、複数の米メディアは4日、トランプ氏の身の回りの世話をするホワイトハウス職員、ニコラス・ルナ氏の感染が新たに確認されたと伝えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ