PR

ニュース 国際

各国・地域首脳が「早期回復願う」 トランプ氏感染

英首相官邸を出るジョンソン首相=9月22日、ロンドン(ロイター)
英首相官邸を出るジョンソン首相=9月22日、ロンドン(ロイター)

 【ワシントン=平田雄介、北京=三塚聖平】トランプ米大統領夫妻が新型コロナウイルスに感染したことを受け、各国・地域の首脳は2日、早期回復を願うと相次いで表明した。米中対立の渦中にある中国は米大統領選の行方に大きな関心を寄せており、中国国営新華社通信がニュースを速報するなどした。

 3月下旬に感染し、その後の重症化で入院した経験を持つジョンソン英首相はツイッターに「トランプ夫妻が迅速に回復することを望む」と書き込んだ。インドのモディ首相やドイツのメルケル首相、台湾の蔡英文総統らも早期全快を願うメッセージを公表した。

 トランプ氏の再選に米露関係改善の期待をかけるプーチン露大統領も「生命力と精神力、楽観主義により、危険なウイルスに勝つと確信している」との電報をトランプ氏に送った。

 中国のニュースサイト「中国新聞網」はトランプ氏の感染について、「疑いなく今後の選挙活動に多くの変数が加わる」との見方を示した。第2回の候補者討論会など今後の選挙日程に影響を与える可能性があると指摘している。

 米国では、トランプ氏の感染判明が現地時間の深夜だったにもかかわらず、主要メディアが手厚く報じた。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「20万7千人の死者を出したコロナ禍のひどさを何カ月も軽視し、『収束が視野に入った』と主張した末の感染」「米政治を不安定の中にほうり投げた」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ