PR

ニュース 国際

中国、米国連大使の台湾発言に「強烈な不満」

ポンペオ米国務長官(共同)
ポンペオ米国務長官(共同)

 【北京=三塚聖平】中国の国連代表部の報道官は29日に発表した談話で、クラフト米国連大使が台湾の国連復帰を支持する考えを示したことについて、「中国の主権と領土保全を損なう言論」だと非難した。その上で「強烈な不満と断固とした反対」を表明しており、中国政府はトランプ米政権が台湾への支援姿勢を見せていることに対して警戒を強めている。

 談話は「世界に中国は一つしかなく、中華人民共和国政府は全中国を代表する唯一の合法政府であり、台湾は中国の領土の不可分の一部だ」と主張した。その上で、クラフト氏が台湾などが開いたオンライン会合に出席したことに対し、「中国は、いかなる形式による米台当局の交流に断固として反対する」と強く反発している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ