PR

ニュース 国際

討論会はトランプ氏が終始攻勢 バイデン氏はいらだつも冷静さ保つ

29日、米クリーブランドでの大統領選候補者討論会で話すトランプ大統領(左、ゲッティ=共同)とバイデン前副大統領(ロイター)
29日、米クリーブランドでの大統領選候補者討論会で話すトランプ大統領(左、ゲッティ=共同)とバイデン前副大統領(ロイター)

 米中西部オハイオ州クリーブランドで29日に行われた大統領選の第1回候補者討論会は、共和党候補のトランプ大統領が終始攻勢をかけ、民主党候補のバイデン前副大統領が冷静さを保つよう努める場面が目立った。

 全米平均や勝敗を左右する激戦州の支持率で後れを取るトランプ氏。討論会を挽回の機会と捉え、序盤から積極的に論戦を仕掛けた。バイデン氏の発言中にも質問をたたみかけ、司会者が「大きな声を出すのは嫌いです」と自制を求める一幕もあった。

 世界最多の死者を出している新型コロナウイルスへの対応をバイデン氏から「賢くない」と批判された際は、「(あなたの)大学の成績は下位だったじゃないか」と応酬した。

 一方で、マスクの感染防止効果を疑問視しているのかと問われ、「そんなことはない」と背広の内ポケットからマスクを取り出すパフォーマンスもみせた。

 バイデン氏は、トランプ氏の不規則発言にいらだちを隠し切れず、「史上最悪の大統領」と批判する場面もあったが、視線を司会者やテレビカメラに向け、努めて冷静に議論を続けた。

 息子のハンター氏の過去の薬物依存をトランプ氏が取り上げたときも、「息子には問題があったが、克服した。彼を誇りに思っている」と切り返した。

 バイデン氏は選挙活動での演説が短く、休憩なしで90分続く討論会で体力が持つか懸念されたが、最後まで力強く発言を続けた。(ワシントン 平田雄介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ