PR

ニュース 国際

預言者風刺画再掲に反発か パリの週刊紙旧本社前テロ

襲撃事件が起きた「シャルリー・エブド」紙の旧パリ本社前を訪れた(左から)カステックス仏首相、ダルマナン内相、イダルゴ・パリ市長=25日、パリ(ロイター)
襲撃事件が起きた「シャルリー・エブド」紙の旧パリ本社前を訪れた(左から)カステックス仏首相、ダルマナン内相、イダルゴ・パリ市長=25日、パリ(ロイター)

 2015年1月にテロがあったパリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」旧本社前の路上で25日、男女2人が男に刃物で襲撃された事件で、捜査関係者は26日、拘束した容疑者が犯行を認め、シャルリー・エブドがイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を今月再掲載したことに耐えられなかったとの趣旨の供述をしたと明らかにした。地元メディアが伝えた。

 容疑者はパキスタン出身の18歳とされる。一方、捜査当局は別に拘束したアルジェリア人男性を25日夜に釈放した。共謀などの関係はなかったと判断した。

 シャルリー・エブドは本社襲撃テロをめぐる公判開始に合わせ、今月2日付の1面で、テロのきっかけとなった風刺画を「言論の自由」を守るとして再掲載した。マクロン大統領は「フランスには冒涜(ぼうとく)する自由がある」と擁護したが、イスラム教徒の多いパキスタンなどで再び反発が起きていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ