PR

ニュース 国際

元軍人ら489人がバイデン氏支持を表明 米大統領選

2015年5月、オバマ米大統領(当時、左)と握手するセルバ氏(右)=ワシントン(ロイター)
2015年5月、オバマ米大統領(当時、左)と握手するセルバ氏(右)=ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=平田雄介】11月3日の米大統領選で24日、トランプ政権下で昨年7月まで統合参謀本部副議長を務めたセルバ元空軍大将ら安全保障の専門家489人が公開書簡を発表し、民主党候補のバイデン前副大統領を支持すると表明した。

 書簡は「現大統領(トランプ氏)の侮蔑的な態度と失敗で、同盟国は米国を信頼せず、敵は米国を恐れなくなった」と主張。名指しは避けながらもトランプ氏は「大統領職に耐えられないことを示した」と批判した。その上で、次期大統領には新型コロナウイルス感染症とそれに伴う経済的な苦境の中、共感力や誠実さが必要だとし、バイデン氏を「わが国が必要する指導者だ」と評価した。

 署名者には、米太平洋軍(現インド太平洋軍)のロックリア元司令官ら元軍高官約290人や、民主党のオルブライト元国務長官、共和党のアーミテージ元国務副長官が名を連ねた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ