PR

ニュース 国際

トランプ氏「国連は中国に責任を」習氏「争う意図ない」ビデオ演説

22日、国連総会議場で放映されたビデオで演説するトランプ米大統領(国連テレビから、共同)
22日、国連総会議場で放映されたビデオで演説するトランプ米大統領(国連テレビから、共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成、ニューヨーク=上塚真由】国連の場で各国首脳らが内外情勢に関する自国の立場を表明する、国連総会の一般討論演説が22日、始まった。トランプ米大統領は前日にホワイトハウスで収録したビデオ演説で、中国による新型コロナウイルス対応や不公正な経済・貿易慣行を批判し、中国に厳然とした対応をとることを国際社会に呼びかけた。

 今年の一般討論演説は、新型コロナの感染拡大を受けて首脳らは出席せず、ニューヨークの総会議場で各国首脳のビデオ声明が上映された。

 トランプ氏は演説で、中国が新型コロナ危機に関し初動の対応を誤ったせいで世界中で多数の人命が失われたとして、「国連は中国に対し、一連の行動の責任を取らせるべきだ」と強調した。

 米政権が7月に脱退を正式通告した世界保健機関(WHO)についても「中国に事実上支配されている」と改めて批判した。

 米国による気候変動に関するパリ協定からの離脱が批判を浴びていることに関しては、米国が独自の環境保護策で成果を上げているにもかかわらず、中国による大規模な環境破壊を無視して米国だけを非難するのは「米国を罰するのが唯一の目的であり、容認できない」と反発した。

 同氏はまた、中国などを念頭に「国連が効果的な機関であるためには、テロや女性の抑圧、強制労働、麻薬密輸、人身売買、宗教弾圧、少数民族の虐殺など、真の問題に関心を向けていくべきだ」と訴えた。

 6週間後に控える米大統領選をにらみ、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンとの国交正常化や、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)指導者のバグダディ容疑者やイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害といった成果も誇示した。

 22日は中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領、イランのロウハニ大統領らも演説した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ