PR

ニュース 国際

台風で数十人死亡 北、幹部を厳罰

金正恩党委員長(朝鮮通信=共同)
金正恩党委員長(朝鮮通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日付で、2日から3日にかけて朝鮮半島を通過した台風9号により、東部の江原道(カンウォンド)や元山(ウォンサン)市で数十人の人命被害が出たと伝えた。

 党のテレビ会議が3日に開かれ、市や道の幹部が党の指示に反し、住民の避難対策を怠ったとして、責任者らを厳しく処罰する方針が示された。

 金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は先月下旬の会議で、人命被害を徹底的に防ぐよう指示。国営テレビは2日から3日にかけて夜通し台風関連情報を放映した。元山の浸水被害などを現場リポートする異例の対応も取っていた。

 住民の生命や安全問題を優先する姿勢をアピールする狙いとみられる。

 元山は金氏が幼少時代を過ごした「第二の故郷」ともされる都市で、近年は金氏が大型リゾート開発に力を入れてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ