PR

ニュース 国際

日本の子ども、幸福感最低、38カ国調査、生活に不満、いじめや家庭内不和原因

文部科学省の看板
文部科学省の看板

 国連児童基金(ユニセフ)は3日、先進・新興国38カ国に住む子どもの幸福度を調査した報告書を公表、日本の子どもは生活満足度の低さ、自殺率の高さから「精神的な幸福度」が37位と最低レベルだった。

 「身体的健康」では1位で、経済的にも比較的恵まれていたが、学校のいじめや家庭内の不和などを理由に幸福を感じていない実態が明らかになった。

 報告書は、経済協力開発機構(OECD)と欧州連合(EU)の加盟国を国連などの統計を用いて分析。総合順位での1位はオランダ、2位デンマーク、3位ノルウェー。日本は20位で、最下位はチリ。米国は36位だった。

 報告書は新型コロナウイルスの影響にも触れ「健康だけでなく社会経済のあらゆる面まで広がるだろう。子どもたちは長期的に最も負の影響を受ける恐れがある」と強調した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ