PR

ニュース 国際

香港脱出失敗 台湾への密航ルートは困難に 「現代版イエローバード作戦」機能せず

12人の密航船が出港した香港・布袋澳村(藤本欣也撮影)
12人の密航船が出港した香港・布袋澳村(藤本欣也撮影)

 【香港=藤本欣也】香港の民主活動家ら12人が台湾に密航しようとして失敗、中国当局に拘束された事件は民主派や支援者に衝撃を与えた。香港はかつて、1989年の天安門事件直後、ウアルカイシ氏ら中国の民主活動家が命がけで中国本土から密航してきた自由の地だった。今や、その香港から民主活動家らが密航して逃げ出さないといけない時代になったことを今回の事件は象徴している。

 香港南東部、布袋澳(ほていおう)村は鉄道とバスを乗り継いだ先にあった。この小さな漁村が12人の出港地点だった。

 中国政府に近い香港紙、文匯報(ぶんわいほう)と大公報によると、8月23日午前6時すぎ、何台もの車両が同村に乗り入れ、約30人が降り立った。十数個の燃料タンクを船着き場まで運び、長さ9・3メートル、幅2・3メートルの大型モーターボートに積んで、12人が乗り込んだ。

 船外機2基搭載の同ボートの時速は最高50キロで、まずは約300キロ離れた東沙諸島を目指したとされる。台湾が実効支配する同諸島付近で台湾の船に乗り換え、台湾南部に向かう計画だったとみられている。

 しかしモーターボートは同9時ごろ、中国領海付近の海域で中国海警局の船に見つかり、12人は不法越境の疑いで拘束された。

 香港国家安全維持法(国安法)が施行された6月30日前後から、民主活動家らの海外逃亡を水際で阻止するため、中国と香港当局が海上での警戒態勢を強化していたようだ。布袋澳村の住民で観光用モーターボートを操縦している男性も「最近、香港の水上警察の警備が厳しくなっていた」と明かす。

 実は、7月にも少なくとも2回、民主活動家らが船に乗って香港から台湾への密航を試みている。報道などによると、1回目の密航船は5人ほどを乗せ、南シナ海を横断し台湾南部の高雄までたどり着いた。しかし2回目は途中で燃料が切れて漂流。東沙諸島付近で台湾当局の船に捕まり、乗っていた5人は高雄まで移送された。支援者の一人は産経新聞に対し「本当に危ない状況だった」と話す。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ