PR

ニュース 国際

中国、チェコ議長訪台に「深刻な代償を払わせる」 王毅氏が反発

台湾北部の桃園国際空港に到着したチェコのビストルチル上院議長(中央)と出迎えた呉●(=刊の干を金に)燮外交部長(右)=30日(中央通信社=共同)
台湾北部の桃園国際空港に到着したチェコのビストルチル上院議長(中央)と出迎えた呉●(=刊の干を金に)燮外交部長(右)=30日(中央通信社=共同)

 【北京=三塚聖平】中国の王毅国務委員兼外相は31日、チェコのビストルチル上院議長らが台湾を訪問したことについて、「中国政府と人民は絶対に座視することはなく、近視眼的な行為と政治的なばくちに高い代償を支払わせる」と強く警告した。訪問先のドイツで述べたと、中国外務省がホームページ上で発表した。

 王氏は、チェコ議長の訪台や「その背後の反中勢力」に対し、「台湾問題で『一つの中国』に戦いを挑むことは、14億人の中国人民を敵に回すことで、国際的な背信行為だ」と牽制(けんせい)した。

 一方、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は31日の記者会見で、ビストルチル氏らが台湾を訪問したことは「中国の主権をわざと侵犯し、内政に乱暴に干渉する反中勢力の悪辣な行為」であると主張し、強い非難と深刻な懸念を表明した。その上で「チェコ側が直ちに措置を講じ、誤った行為による非常に悪い影響を取り除き、両国関係の大勢を損なわないように強く促す」と語り、チェコ側に対応を迫った。

 また、台湾側に対して「どのような行為も、台湾が中国の一部であるという事実は変えられない。台湾独立の企てが目的を果たすことはない」とくぎを刺した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ