PR

ニュース 国際

【JAPAN Forward 日本を発信】なぜ靖国参拝なのか

 INTERVIEW - A Visit to Yasukuni Shrine is a Prayer for Lasting Peace-LDP’s Eriko Yamatani

 (「靖国参拝は恒久平和への祈り」 自民党の山谷えり子議員が語る)

 この夏は、終戦75年の節目に当たる。しかし、中国・武漢発の新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)し、世界は、混沌(こんとん)と不安の中にある。

 そのコロナ禍と猛暑の中でも、炎天下の靖国神社参道には2万4000以上もの人が2時間待ちの列をつくった。大戦で犠牲となった310万人の冥福を静かに祈り、平和を願う姿は心を打つ光景だった。

 英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)はこの夏、靖国神社についての記事を2つ掲載した。

 上の英文(日本語訳)はその一つ。8月18日にJFに掲載された記事の見出しである。戦争を知らない世代のイタリア人記者、アリエル・ブゼットさん(26)が15日の終戦の日に靖国神社をルポした。

 参拝者には、現職閣僚4人や国会議員たちもいた。その一人、国家公安委員長や拉致問題担当相、海洋政策・領土問題担当相などを歴任した山谷えり子参院議員(自民党)に、記者は靖国神社で話を聞いた。

 山谷議員は、靖国神社が国のために命をささげた方々への尊崇と感謝、そして平和を祈る場所であると何度も語った。

 そのうえで、中国政府が日本政府公人の靖国参拝に反対していることについては、「内政干渉で、極めて政治的な動きだ」と反論。「靖国神社は明治時代、国のために亡くなられた方々を祀(まつ)るためにつくられた神社。『戦争神社』などという英語もあるが、それは大間違い。国靖かれと、平和を祈るための神社だ」と強調した。

 外国人にも、「お参りしていただければ、それを感じていただけると思う」と力説した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ