PR

ニュース 国際

【世界の論点】中韓接近の行方、垣間見える両国の温度差

22日、韓国・釜山で写真撮影に応じる中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)共産党政治局員(右)と韓国大統領府の徐薫国家安保室長 (AP)
22日、韓国・釜山で写真撮影に応じる中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)共産党政治局員(右)と韓国大統領府の徐薫国家安保室長 (AP)

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり米欧などから非難される中国が、韓国への接近を図っている。中国外交担当トップの楊潔●(よう・けつち)共産党政治局員は21日から訪韓し、韓国大統領府の徐薫(ソ・フン)国家安保室長との会談で、習近平国家主席の訪韓を早期に実現することで合意した。中国要人の訪韓は感染拡大後では初めてだったが、韓国側は望んでいた習氏訪韓を「年内」とする目標を引き出すことができず、両国の温度差も垣間見える。韓国メディアからは米中対立に韓国が巻き込まれるリスクを懸念する声も出ている。

≪ポイント≫

 ・韓国は習氏による年内訪韓の見送りを懸念

 ・韓国政府は米中問題めぐる「戦略」が必要

 ・中国の外交にとって周辺国への集中は重要

 ・米中対立におけるアジアへの踏み絵は否定

韓国 「米中対立」巻き添え懸念

 中国外交担当トップの楊潔●共産党政治局員と韓国大統領府の徐薫国家安保室長は22日の会談で、習近平国家主席の訪韓について「新型コロナウイルスの状況が安定し、条件が整い次第、早期に実現させる」ことで合意した。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が期待してきた「年内」との言葉を楊氏からは引き出せず、中国側の発表では、習氏訪韓について具体的に言及さえしなかった。

 韓国紙、東亜日報は24日付の社説で、文大統領と習氏は既に5月の電話会談で「適切な時期」に習氏が訪韓する方針を確認しており、「この水準を越えられなかった」と指摘。このまま「中国の煮え切らない態度が続けば、習氏の年内訪韓が立ち消えてもおかしくない」と懸念を示した。

 互いに期待する方向が違っていたため、「明確な合意は難しかった」とも論じた。文政権にとっては、北朝鮮が開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破するほど、南北関係が悪化する中、北朝鮮の後ろ盾である中国の支援で現状を打開することが喫緊の課題だ。それに対し習政権は、米政権による対中包囲戦略の力をそぐために韓国を自国サイドに引き入れる必要に迫られていた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ