PR

ニュース 国際

米韓軍が合同演習開始、コロナで大幅縮小

米韓両軍による朝鮮半島有事を想定した合同軍事演習(AP)
米韓両軍による朝鮮半島有事を想定した合同軍事演習(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は18日、朝鮮半島有事を想定した合同軍事演習を28日までの日程で開始した。新型コロナウイルスの影響で米本土などから韓国への増援がなく、兵力規模を大幅に縮小した異例の実施となった。例年春と夏に行ってきた米韓演習のうち、今春の演習は新型コロナで中止しており、約1年ぶりの合同演習となる。

 コンピューターシミュレーションによる図上演習が中心の指揮所演習だが、北朝鮮は米韓演習自体の完全中止を要求しており、反発が予想される。非核化をめぐる米朝交渉や、北朝鮮が開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破するまで悪化した南北関係に絡み、北朝鮮が一層態度を硬化させる可能性がある。

 新型コロナを受け、米本土や在日米軍から韓国への要員の移動が困難となり、韓国軍と在韓米軍だけで訓練を行う。当初、16日からの開始を予定していたが、参加する韓国軍幹部の感染が判明し、18日に延期された。

 今回の演習では、現在米軍が事実上持つ有事作戦統制権(指揮権)を韓国軍に移管するための検証を行うことも見込んでいたが、要員の縮小を受けて本格的な検証は来年に先送りされる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、2022年までの任期内の移管を目標にしてきたが、実現が難しくなったとの見方が出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ