PR

ニュース 国際

米司法省、香港出身の元CIA職員を逮捕 中国情報機関に極秘情報渡す

米司法省(AP)
米司法省(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米司法省は17日、極秘事項を含む機密情報を中国の情報機関職員に渡した疑いで元中央情報局(CIA)職員のアレクサンダー・マー容疑者(67)を14日に逮捕したと発表した。容疑者は香港で生まれ、後に米国の市民権を取得。1982~89年にCIAに勤務し、在勤中は極秘事項の情報を閲覧できる立場にあったとされる。

 容疑者はその後、上海で別の仕事に就いた後、2001年からハワイに移住。同年、同じく元CIA職員だった親類と共謀し、香港で中国情報機関にCIAの職員や作戦、通信の隠蔽方法手段などに関する機密情報を渡した。

 米当局は、容疑者が情報と引き換えに現金5万ドル(約530万円)を受領した場面を撮影した動画を入手済みとしている。

 容疑者はまた、ハワイで中国に渡す米政府の機密情報の入手を画策して連邦捜査局(FBI)に近づき、04年に中国語文書の翻訳などを担当する契約職員になった。その後6年間にわたり、機密文書を複写、撮影、窃取するなどして持ち出し、中国に頻繁に渡航して渡していたとされる。

 容疑者は中国から帰国の際は何千ドルもの現金に加え、新品のゴルフセットなどの高価な贈答品を持ち帰ってくることが多かったとしている。

 容疑者は19年、FBIによる中国情報機関を装ったおとり捜査にスパイ活動を認めた。今月の逮捕直前にも、おとり捜査官に中国政府を支援し続ける意思を示し、「祖国」の発展を願うと話していたという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ