PR

ニュース 国際

孔子学院の外国公館指定に「悪者扱い」と中国反発

中国外務省の趙立堅副報道局長=北京(共同)
中国外務省の趙立堅副報道局長=北京(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は14日の記者会見で、ポンペオ米国務長官が中国政府の非営利教育機関「孔子学院」を大使館などと同様の外国公館に指定すると発表したことについて、「中国と米国の協力プロジェクトの正常な運営を悪者扱いし、汚名を着せている」と強い不満と反対を表明した。

 その上で「さらなる対応を取る権利を保留している」と述べ、対抗措置をとることを示唆した。

 趙氏は、孔子学院について「中国と各国との教育文化の交流や協力を強化する架け橋や絆となっている」と主張。圧力を強める米国に対して「教育・交流プロジェクトの政治化や、正常な人文交流の妨害、中国と米国の相互信頼と協力を害することをやめるよう強く促す」と牽制(けんせい)した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ