PR

ニュース 国際

イスラエル、UAEと国交正常化で合意 ヨルダン川西岸併合停止も

記者団に話すトランプ米大統領(中央)=13日、ホワイトハウス(AP)
記者団に話すトランプ米大統領(中央)=13日、ホワイトハウス(AP)

 【カイロ=佐藤貴生】トランプ米大統領は13日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化で合意したと述べた。AP通信によると、合意にはイスラエルが進める方針を示していた占領地ヨルダン川西岸地区の併合を停止することも含まれているという。

 アラブ諸国でイスラエルと国交を結ぶのはエジプト、ヨルダンに次いで3カ国目で、ペルシャ湾岸諸国では初めて。

 トランプ氏が双方の仲介を果たしたとされ、敵対するイランの封じ込めを強化する狙いもうかがえる。湾岸諸国では、イランと対立するサウジアラビアなどもイスラエルとの関係強化に動いているといわれる。

 UAEは国交がないにもかかわらず、同国で開かれる国際会議にイスラエルの政治家を招待するなど接近していた。イスラエルのIT(情報技術)の導入にも期待を寄せているもようだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ