PR

ニュース 国際

核兵器禁止条約、新たに3カ国が批准、発効まであと7カ国

広島市の原爆ドーム=3日(AP)
広島市の原爆ドーム=3日(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】広島への原爆投下から75年にあたる6日、ナイジェリアとアイルランド、ニウエの3カ国が核兵器禁止条約の批准書を国連に寄託した。条約に批准した国・地域は43となり、条約発効まで残り7となった。

 核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約は2017年7月の国連会議で採択された。50カ国・地域が批准して90日後に発効される。6日時点では、82カ国・地域が批准の前段階に当たる署名を済ませている。

 条約には米英仏中露の核兵器保有国や、日本など米国の「核の傘」に頼る国は参加しておらず、条約批准国との溝は埋まっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ