PR

ニュース 国際

アザー米厚生長官が近く訪台 米閣僚として過去最高位 中国にらみ関係強化誇示

アザー米厚生長官(AP)
アザー米厚生長官(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は4日、アザー厚生長官が近く台湾を訪問すると発表した。米国の閣僚が台湾を訪れるのは6年ぶり。1979の断交以降に訪台した米政府高官としては最高位となり、トランプ政権が中国の脅威をにらんで推進している台湾との関係強化を印象付ける訪問となる。

 ワシントンの駐米台北経済文化代表処によると、アザー氏は蔡英文総統や、台湾の感染症対策を統括する陳時中衛生福利部長らと会談し、新型コロナウイルス対策をめぐる米台の連携強化策について話し合う。

 一連の会談では、医薬品の研究開発や、中国製医薬品に依存しない、医薬品供給網をめぐる安全保障についても話し合われる。

 また、台湾が世界保健機関(WHO)などの国際機関による会合への参加を中国に妨害されている問題で、米政権が台湾の参加を後押ししていくことも確認するとみられる。

 アザー氏は声明で「台湾は新型コロナ危機における世界の保健衛生の手本となってきた」とたたえた。また、台湾訪問を通じて「自由で民主的な社会こそが健康を守り増進させていくのに最良の模範であるとの共通の信念を確認したい」と強調し、新型コロナ感染をめぐる「情報隠蔽」が批判された中国を牽制した。

 トランプ政権は2018年、米台の政府高官や要人の往来を活発化させることを目的とした台湾旅行法を成立させるなどして台湾を支えていく立場を強く打ち出している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ