PR

ニュース 国際

【動画】壕内に赤さびた銃身…沖縄戦の拠点「司令部壕」映像公開

第32軍司令部壕内に残されていた小銃の銃身(代表撮影)
第32軍司令部壕内に残されていた小銃の銃身(代表撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 先の大戦末期に激しい地上戦が繰り広げられた沖縄戦で、日本陸軍の拠点だった第32軍司令部壕(ごう)の内部の映像が2日、報道向けに公開された。残されていた小銃の銃身や、壕を掘削した際のツルハシの跡なども鮮明に映されている。壕は現在、一般の立ち入りが禁止されており、内部を知る貴重な映像といえそうだ。

 第32軍司令部壕は先の大戦末期、首里城(那覇市)の地下約30メートルに構築された。総延長は千数百メートル。5つの坑道で結ばれ、参謀室、電信室、救助室などがあったとされるが、大半は土砂に埋まっており、詳細は明らかでない。

 公開された映像は、第5坑道の入り口から約150メートル奥に進んだ部分までで、今年6月に撮影された。高さ約2メートル、幅約2~3メートルの壕内は劣化が激しく、戦後に設けられた鉄骨の支柱で補強されている上、一部はパイプ状のトンネルになっている。

 壕内には、掘削時に使われたとみられるシャベルの断片や、赤さびた小銃の銃身なども残されていた。壁面には、ツルハシで掘った跡もあり、75年前の構築時の様子もうかがえた。

 沖縄県内では壕の公開を求める声が強まっており、管理する県は今年度中に検討委員会を設置する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ