PR

ニュース 国際

香港立法会の「全人代」化狙う 「愛国者治港」へ強権発動

 また、民主派の間では「来年9月の選挙までに急進派を根こそぎ逮捕するつもりでは」(民主派関係者)との懸念が広がっている。「愛国者治港」を整備する準備期間として、延期を利用するとの見立てだ。

 民主活動家の周庭氏(23)は民主派の大量排除を受けて、「立法会が中国の全国人民代表大会(全人代=国会)に変わるのは簡単なことだ」とコメントした。全人代は議案を承認するだけの“ゴム印”と揶揄(やゆ)されているが、中国の狙いも立法会の全人代化にあるとみている。

 民主派陣営からは抵抗手段として、「来年の立法会選では有権者に白票の投票を呼び掛けるしかない」との声も上がり始めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ