PR

ニュース 国際

米、中国領事館の閉鎖要求 中国は対抗措置の構え

米国と中国の国旗(AP=共同)
米国と中国の国旗(AP=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成、北京=三塚聖平】米国務省のオルタガス報道官は22日の声明で、中国政府に対して南部ヒューストンの中国総領事館を閉鎖するよう要求したことを明らかにした。中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は22日の記者会見で「米国が中国に対して一方的に始めた政治的な挑発だ」と非難しており、対立が先鋭化している米中の新たな火種となるのは確実だ。

 オルタガス氏は閉鎖要求について「米国の知的財産と米国民の個人情報を守るため」と説明した。

 また、別の国務省報道官は「中国は長年にわたり米政府当局者や米国民に対し、米全土で大規模なスパイ活動や情報工作を展開してきた」と指摘し、閉鎖要求は中国の違法な工作活動に対する事実上の制裁措置であるとの認識を示した。

 汪氏によると、閉鎖要求は21日に突然通告された。中国国営メディアは、米政府が24日までの72時間以内の閉鎖を求めていると報じている。汪氏は、米政府が要求を撤回しなければ「中国は必ず正当な反応をするだろう」と述べ、報復措置をとる構えを示した。

 汪氏は報復措置の内容に言及しなかったが、ロイター通信は関係者の話として、中国が湖北省武漢市にある米総領事館の閉鎖命令を検討していると伝えた。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)はロイターの報道に関し「政府側の確認が得られていない」とする一方、中国が香港の米総領事館を閉鎖する可能性があるとの識者の見方を伝えた。

 ヒューストンからの報道では、総領事館の中庭では書類が焼却されていることが判明し、消防が出動したが館内への立ち入りを拒否された。汪氏は、総領事館の業務は「通常通りに行われている」と説明した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ