PR

ニュース 国際

香港立法会選、基本法順守の誓約で波乱含み 18日から届け出 

民主派の梁凱晴(りょう・がいせい)区議
民主派の梁凱晴(りょう・がいせい)区議

 【香港=藤本欣也】9月6日に投票が行われる香港立法会(議会、定数70)選の立候補の受け付けが18日から始まる。中国が香港に施行した「香港国家安全維持法」(国安法)は、基本法(ミニ憲法)順守の誓約を立候補者に義務付けている。ただ、誓約を拒否する構えの民主派の立候補予定者も少なくなく、波乱含みだ。受け付けは31日まで。

 立候補するのは、民主派の予備選を勝ち抜いた2014年の香港民主化運動「雨傘運動」の元リーダー、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏や、親中派政党、民主建港協進連盟(民建連)の李慧●(●は王へんに京、り・けいけい)主席ら。

 黄氏の立候補が認められない場合に備え、民主派の梁凱晴(りょう・がいせい)区議も立候補の届け出を行う。梁氏は「予備選を経ていないが、黄氏の立候補が認められない可能性が非常に高く、有権者の理解を得られると思う」と産経新聞の取材に語った。

 黄氏は昨年の区議会選の際、政治的立場を理由に、立候補が認められなかった経緯がある。

 立法会選は比例代表制の直接選挙枠(35議席)と、主に間接選挙で選ばれる職能代表枠(35議席)からなる。民主派は前回16年の立法会選でそれぞれ19、11議席を獲得、今回は初の過半数獲得を目指している。

 国安法は基本法の付属文書に追加される形で、香港で公布された。国安法に反対する民主派の多くは、基本法の順守を誓約することに難色を示しており、立候補が認められないケースが続出する可能性もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ