PR

ニュース 国際

NYタイムズ、デジタル拠点を香港から韓国に 国安法で「不確定要素増した」

米紙ニューヨーク・タイムズ本社=ニューヨーク(共同)
米紙ニューヨーク・タイムズ本社=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】米有力紙ニューヨーク・タイムズは14日、中国政府による「香港国家安全維持法」(国安法)の施行を受け、アジアのデジタル編集拠点を香港から韓国に移転すると発表した。

 同紙は、移転の理由について「(国安法が)ジャーナリズム活動にどのような意味を持つのか、多くの不確定要素が生じた」と指摘。「不測の事態に備えて、編集スタッフを分散することが賢明だと考えた」と説明している。

 同紙の香港支局はアジアでの取材、編集の拠点となっている。要員全体の約3分の1を占めるデジタル編集部門は、来年までにソウルに移る。

 同紙によると、移転先として東京、バンコク、シンガポールも検討したが、韓国が「外資企業に友好的で報道の独立性があり、アジアのニュースの中心的役割を果たしている」として新拠点に決めたという。 

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ