PR

ニュース 国際

米、F35戦闘機の日本売却を承認 105機で231億ドル

航空自衛隊のF35A(酒巻俊介撮影)
航空自衛隊のF35A(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省は9日、日本に最新鋭ステルス戦闘機F35「ライトニングII」を計105機売却することを承認し、議会に通知した。関連装備を含めた費用は約231億ドル(約2兆4770億円)。

 国務省によると、日本政府は老朽化したF4「ファントムII」戦闘機などの後継機として、通常離着陸型のF35Aを63機、短距離離陸と垂直着陸能力を持つF35Bを42機、エンジン110基(予備5基を含む)などの購入を要望していた。

 米政府は声明で「日本が強固で効果的な自衛能力を構築・維持するのを支援することは米国の国益に不可欠だ」と指摘。「F35の売却によって日本は空対空および空対地の自衛能力が強化される。アジア太平洋地域の政治的安定と経済発展に向けた勢力である主要同盟国(日本)の安全を向上させることになる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ