PR

ニュース 国際

アビガンでインドの製薬会社と提携 富士フイルム、海外展開

アビガンの錠剤(ロイター=共同)
アビガンの錠剤(ロイター=共同)

 富士フイルムは1日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されているアビガンに関し、インド大手製薬会社「ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ」などと海外での開発権、販売権などを独占的に付与する契約を締結したと発表した。

 今回の契約では中国、ロシア以外の地域でドクター・レディーズなどが独占的な権限を持つ代わりに、販売に応じた対価を富士フイルム側に支払う。新型コロナの治療薬としての活用へ、契約先の販売ルートも使って供給網を早期に確立し感染拡大の防止につなげたい考えだ。

 ただ、日本国内でもアビガンは安倍晋三首相が5月中の承認に言及していたものの、有効性や安全性を確認する手続きが遅れており、承認には至っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ